読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市川友也捕手と巨人の捕手起用(1)

久々の更新です。

 

前回更新してから、それなりに何を書こうとか考えてはいたんですが、結構忙しく放置してしまいました。

 

どうしても書きたいことがあったら書いたのかもしれませんが、忙しい合間を縫ってまでというほどのことはなかったので、今のような状態に至ります。これからもこんなペースだとは思いますが、ゆるく更新はしていけたらと思っています。

 

さて、今回この記事を書いているのは書きたいことができたからです。それが何かというと、僕が愛する読売巨人軍高橋由伸監督についてです。

 

では何故タイトルに入っているのが高橋監督ではなく北海道日本ハムファイターズ市川友也捕手の名前なのか。

 

最初は高橋監督について書く内容を考えていたのですが、それが結構な量になり、本筋から逸れる部分も多くなりました。そこで、いくつかパート分けして書いていくことに決めました。その結果、まずは市川捕手中心の話から書くことにしたのです。

 

まあ見切り発車な部分も大きいので、そのいくつかのパートとやらが多くなるかも少なくなるかもわからないし、一発目が市川捕手である強い理由も今のところはないのですが……。

 

とりあえず、暇つぶしにのんびり読んでいただければ幸いです。

 

 

繋ぎ役を期待されての入団


まず今回は市川捕手のこれまでのプロ野球人生を中心に書いてみます。

 

市川捕手は東海大相模高校から東海大学鷺宮製作所を経て2009年のドラフト4位で巨人に指名され入団。

 

この年のドラフトで巨人は鬼屋敷正人河野元貴と2人の高校生捕手も指名しています。当時の正捕手・阿部慎之助の後継者獲得を狙ったことは想像に難くありません。

 

そんな中で市川捕手に期待されていたのは阿部の後継者という部分もあったのでしょうが、阿部や鶴岡一成といった当時の巨人捕手陣に刺激を与え、将来的には成長した鬼屋敷らの壁となることだったのではないでしょうか。言ってしまえば阿部から鬼屋敷か河野(おそらくドラフト2位と高評価だった鬼屋敷が主でしょう)への繋ぎ役です。

 

正捕手としてよりも2番手、3番手として阿部を、将来的には鬼屋敷らを支えることを期待されての入団だったのではと思います。

 

 

ダメ捕手の烙印


そんな市川捕手のルーキーイヤーは即戦力の期待を背負って始まりました。背番号は27を与えられ、春季キャンプは主力組でスタート。開幕一軍にも選ばれています。

 

打力については長嶋茂雄終身名誉監督にも評価されたほどでした。

 

このシーズンは正捕手の阿部が44本塁打と素晴らしい活躍。一軍での市川捕手の出番はわずか3試合に留まりましたが、二軍では打率.297に2本塁打と結果を残しています。

 

ここから順調に出番を増やしたい市川捕手でしたが、そう上手くはいきませんでした。

 

2年目の2011年からは悪名高いいわゆる「加藤球」が導入。その影響あってか打撃で結果を残せなくなります。さらに市川捕手には腰痛もあり、二軍で多くマスクを被るのは同期で入団した年下の育成選手・河野でした。

 

2011年は一軍出場がなく、2012年もなかなか一軍に上がれない市川捕手の存在感は次第に薄れていきます。

 

それでも2012年シーズン終盤、市川捕手に2年ぶりの一軍での出番がやってきます。

 

この年、市川捕手は一軍で5試合に出場。決して多いとは言えない数字ですが、すっかり存在感が薄れていた市川捕手は当時の僕のような二軍をほとんど知らないファンにも強いインパクトを残しました。

 

 

――悪い意味で。

 

 

その当時の巨人ファンの市川捕手への印象は以下の有名なコピペを見ると伝わってくるのではないかと思います。

f:id:satokonbu03:20161101234128j:plain

 

 翌2013年、市川捕手の一軍出場は代走による1試合のみに終わりました。さらにシーズン後のドラフトで巨人は日本生命小林誠司捕手を1位指名。

 

絶対的正捕手として阿部が君臨し、實松一成加藤健井野卓が脇を固める巨人捕手陣。さらに若手に鬼屋敷と河野がいて、ドラフト1位で小林を獲得。そこにもはや市川捕手の居場所はありませんでした。

 

結局市川捕手は現在所属している日本ハムへ金銭トレードで移籍することになります。

 

このトレードに際し、市川捕手の退団を惜しむ巨人ファンというのはほぼ皆無であったように思います。市川で金銭をもらえるのかといった驚きすらあったと記憶しています。日本ハムでの仕事は二軍の数合わせだろう。少なくとも僕はそう思っていました。

 

しかし、その予想は大きく裏切られることになります。

 

 

新天地で別人へ


移籍1年目の2014年、市川捕手は一軍で71試合に出場。巨人時代、4年で一軍出場が9試合、ヒットすら放ったことのない男が打率.263に2本塁打、19犠打をマークして一軍に定着したのです。

 

翌年以降も彼は活躍を続けました。

 

交流戦の古巣巨人戦で坂本勇人の盗塁を阻止したり、クライマックスシリーズの大舞台で日本球界の宝・大谷翔平投手とバッテリーを組んだり、日本ハム10年ぶりの日本一に貢献したり……

 

いずれも巨人時代の市川捕手からは考えられない活躍です。

 

そんな市川捕手を見て、巨人にいてくれたら……と全く思わないと言えば嘘になります。

 

今年の巨人は阿部が捕手をこなせるコンディションになく、小林が正捕手として起用されました。しかし、小林に続く2番手捕手、それこそ日本ハムで市川捕手がこなすポジションの選手不在に巨人は苦しめられます。このことで小林は大きな負担を強いられました。打率.204という結果に終わった打撃や、時折見せた守備面でのくだらないミスは、休みなく起用されたことによる疲労と無縁ではなかったでしょう。市川捕手のような二番手がいたら改善された部分もあったのではないかと思います。

 

 

しかし、だからと言って2013年オフの誰も惜しまなかったトレードを今になって悔やんでいるわけではないのです。

 

あのコピペに描かれていた市川捕手――彼を放出した判断のどこに間違いがあったというのでしょう。あのまま巨人にいて今のような活躍ができたとは到底思えません。

 

彼がここまで飛躍したのは環境の変化によるもの。そう割り切るしかありません。今の市川捕手は巨人時代の彼とはどう見ても別人です。巨人は2009年のドラフト4巡目で誰も指名しなかった。あの市川友也という捕手は日本ハムがいつだったのか知らないけど指名した捕手。そう思わせるくらい違っています。

 

だからFA選手の人的補償で移籍していった一岡竜司投手や奥村展征選手に対して感じたような感情が湧いてこないのです。一岡や奥村と違って市川捕手は始めから巨人には存在していませんでした。

 

しかし、実際にはあのコピペに描かれていた、わずかな一軍出場で強いインパクトを残した、どう見てもダメダメだった市川捕手は確かに存在したのです。そして彼は日本ハムで大きく変化しました。

 

 

次回はどうしてそのような変化がもたらされたのかというところから書いていきたいと思います。

リーダー

2回目。とりあえず1回で終わって黒歴史ってことにはならなくて良かったです。



1回目の記事を読んでいただけると察しがつくのではないかと思いますが、僕は所謂「陰キャ」というやつです。自分で言うのは悲しいけど、事実だから仕方が無い。


つまり現実世界において僕の発言権というのはほとんどありません。別に与えられていないわけでもないんだけど、何かを主張することは憚られる。そうやって黙っていても物事が決まって進んでいくのを見ていると、どうしても自分の必要性を疑わずにはいられないんですよね。積極性がないだけと言えばそうなんですが...



そうやって周りに主張できない人でも何も考えていないわけではありません。きっとこうすればもっと良くなるはずだという理想は持っていて、けれどもそれを主張はできないのです。


他人と違う意見を主張することは、他人の意見を否定することのように感じられてしまいます。遠慮なく発言できる人はそう考えないのでしょうが、こう感じてしまう人もいるのです。


でも積極的に発言する人よりも頭の中で自分の意見に対しての考えを深めている自信はあります。そうやって温めた考えを生かす機会があればどんなに幸せでしょう。


前置きが長くなりましたが、今回は実際にそういうチャンスを与えられたらってお話。



自身の発言権を高めたければ、立場を得るのが一番です。周りをまとめあげるリーダー的役割につくのが良いのです。それで自分の考えで周りを動かしていくことができる。


では実際にそういう役割についたらどうなるか。


これが不思議なもので、自分の意見を生かす機会というのはやってきません。立場を考えれば生かさなければならないのですが、それどころではないのです。


だんだん目の前の仕事をこなすことで精一杯になってきます。最初に持っていたこういうことをしたいという理想はだんだんと見えなくなってくるのです。そしてそのことが自分を責める。


自分を責めるってことは完全に自信を無くしていますから、そうなると目の前の仕事すらできないような精神状態です。後はどんどん自信を無くして深みにハマっていく悪循環というか、光のない世界へ続く螺旋階段を降りている気分。



世の人すべてがこうだとは言いません。環境による違いは出るでしょう。

それ以上に僕に要領の良さとか、精神の強さとか、引き出しの多い発想とか、どれか1つでもあれば違う結果になっていると思います。実際それで能力をバリバリ発揮して周りを引っ張る成功者もいるでしょう。


ただ現状の僕はそうではないのです。引きずっていた中二病と言えば良いのでしょうか。自分に立場があれば周りを良い方向へ導けるはずと思っていた自信はすっかり無くなりました。


僕は理想をしっかりと設定してそれを皆で追いかけられるように全体を指揮する能力がありません。冷静に考えればすぐわかることですが、経験がないのだから当然の事実なのです。経験はないのに根拠のない自信(自分の才能に対する?)を抱くあたりはまさに中二病ではないでしょうか。


本当に向いているのは目の前にあるものを一生懸命に1つ1つ解決すること...だと思います。これも根拠がない自信と言えばそうなんですけどね。


事務作業にしろ、人間関係にしろ、僕に先を見据えながらカッコよくこなす能力はありません。眼前にあるものとにらめっこして、必死に見苦しく惨めに1つ1つ解決するしか僕にはないのです。それだけで満足感を得られなくては僕の精神が耐えられません。



ここまで書いてみて、現実世界の僕の周りの人たちに見られたら怒られそうだなあと思って笑っています。


もはや向いている向いていないの問題ではないですからね。向いていないからやめるではあまりに無責任です。いくら僕でもそれは理解できる。


だからそれこそ惨めに頑張るしかない。今はそんな余裕も能力もないけど、皆を指揮できるようにならなくてはいけない。自分だったり現実だったりに失望してしまって前を向くのが嫌になっても、理想を持ち続けなきゃいけない。リーダーがそれを語れなくなったら誰も語れないから。


ちょっとカッコいいですね。こういうカッコいい自分になるために頑張ろう。まずは目の前の仕事をやらないとなあ。



というわけで、今回はこういう話でした。思い切り自己完結ですね。多分これからも書いてるうちに自己完結することは結構あるので、そういう奴なんだと思ってもらえれば...


悩みに対する結論に至るには誰かと真面目に語り合えたら幸せなんでしょうが、そういう誰かを作れないというか、どこか人を信用しきれないから陰キャなんですよね。人を信用できないというか、自分が人に受け入れられるかどうか、自分を信用できないと言った方が正しいかもしれません。


だから1人で考えます。1人だけど、誰かに話すように文章を考えてみる。こうすると心の中のモヤモヤが晴れるように思います。

それで満足ならネットの海に公開すんなよって話なんですが、第1回に書いたように誰かが見てくれているかもって思いたいんですよね。


陰キャで人と関わるのが苦手で、孤高を気取ってみても誰かと繋がりたい。そういうもの。



今回は完全に僕の世界の話をしてしまったので申し訳ない。ここまでわざわざ読んでくれた人には何と言っていいやら…まあこのブログは君しか読んでないけどね!(女の子だったら言いたかったセリフ)


僕のことを精神が弱いやっちゃな〜と思われたかもしれませんが、こういう人間もいるという教材にしてもらえると嬉しいです。いやわざわざしなくてもいいのだけれども。



間違って途中でアップするミスなんかもありましたが、操作にも慣れていって楽しんで書いていければと。

野球ファン的には明日ドラフトだし、それについての記事も書きたいような(書くとは言っていない)


それではまた何か書きたくなったら更新します。近いうちに何か書きたくなったらいいなあ。

第1回

ブログを始めました。たくさん更新したいです。でも飽き性なので2回目があるかどうかも既に不安です。

 

 

ではまず自己紹介をば。「さとこ」という名前でやっています。

明らかに女の子の名前ですが男です。ごめんなさい。

 

名前の由来は「ひぐらしのなく頃に」の北条沙都子より。とても大好きなのです。

アニメや漫画が好物ですが、僕はどうやら金髪キャラを好む傾向にあるみたいです。その先駆けが沙都子。いや、『ケロロ軍曹』のモアちゃんかも。

 

 

これまでもブログを始めようと思ったことは何度かありました。というか過去に何度かやってました。

最初のブログは中学生の時に書いていました。自作の小説とか上げてました。恥ずかしいですね。高校入学が近くなった頃にTwitterを始めて、日常のことをめちゃくちゃ気軽に呟けるようになったのでやらなくなりました。

 

その後も何度かやってます。主な目的はゲームのプレイ日記。

僕は野球が好きで、野球ゲームも好きです。特に好きなのがパワプロのペナントモード。

 

それをさらに凄くしたみたいなゲームがパソコンでできたりします。ペナシミュとか、OOTPとか。ああいうゲームのプレイ日記のためにブログをやってたこともあります。

でもこれはすぐ飽きました。スクショとか面倒だし、ゲームやりながら一々文章を作るのも結構手間。でもこのちょびっとブログをやってた影響で、ペナシミュをやる時はWordでメモを取る癖がついてしまっていたりします。

 

 

今回ブログを始めた目的はずばり、自分の書きたいことを書くため。

前述のTwitterは今でも続けていますが、あれは字数制限もあるし、長くやっているとそれなりにフォロー数やフォロワー数も増えてきて、TLの色みたいなものが出てきます。そこに自分の書きたいことが馴染まないなと思うと書けないのです。それがブログを始めた理由。

 

他人を気にするぐらいなら勝手に日記でもつけるべきなのかもしれませんが、「もしかしたら誰かが見てくれているかもしれない」と思いたいのです。このブログには野球のことを書くかもしれないし、読んだ漫画の感想を書くかもしれないし、ゲームのプレイ日記を書くかもしれないし、自作の小説を書くかもしれません。そして自分の日常とそれに対する思いについて書くこともあるのかな、と思います。それを読むとこのブログを始めた理由がなんとなくわかるような内容になる…ような気がしています。

 

 

ふう。

一気に書いてみて、自分がブログの第1回に書きたかったことをしっかり書けたような気がします。

 

これまでも「ジャンルを固定せず自分が書きたいことを書くブログ」という原点ど真ん中なブログを始めたい思いはありましたが、始めなかった理由は第1回に何を書いていいかわからなかったから。

 

しかし今日、ブログを始めて自分の思いを書いておける場所を作ろうという気持ちが芽生えて解決しました。

とりあえず1回目はそういう場所を作れたよという(主に自分への)報告。この場所を作るにいたる精神的なプロセスもあったわけですが、今日はブログを作れた安心感もあるしこれでいいかな。

 

これからここに書くのは読んでいて面白いことやためになること以上に日常に対する不満や愚痴、言い訳みたいなものがたくさんあるかもしれません。

何かの巡り合わせでこのブログに出会った方は、そうでもしなきゃやっていけない奴もいるんだなと思って温かい目を向けてやってください。

 

 

そして最後にこのブログのタイトルについて。

何かの巡り合わせと上に書きましたが、もしかしてタイトルからこのブログに辿り着いて読んでいる方もいるかもしれません。こんなにいいタイトルを使ってしまってごめんなさい。

 

このブログのタイトルは僕が一番大好きで、一番思い入れのある歌の歌詞からです。その歌を知っている人からしたら僕がどういう趣味の人間かよくわかるかもしれませんね。

 

好きな歌の歌詞をブログのタイトルにするってそれこそ中学生みたいで恥ずかしいですが、この歌から僕が感じる世界がブログを始めたい気持ちに重なったのです。そういうスピリチュアルで抽象的な話をすることもあるでしょうか。

 

ともかく、自分で書いてみて改めていいタイトルだと思ったので飽きたからやめたとはならないようにしたいです。そうなったら仕方ないとも思いますが。

 

とりあえず愚痴とか色々書きつつ、そこから自分なりに希望も見いだしていくためのブログにしたい。読み物としての面白さは 期待しないでください。

 

でも読んでくれる人がいてくれたら嬉しいです。僕が女の子だったら「君しか読んでないブログだけど、君がここまで読んでくれたから嬉しい」って書くんですけどね。

気が向いたらコメントをしていただけると喜びます。批判と広告以外ならたぶん…

 

また自分の思うままに楽しく言葉を選んで書いていけたらと思います。